和歌山県 那智勝浦世界遺産で眺める、日本三名瀑・那智の滝ライトアップ鑑賞

概要

「日本三名瀑」の1つに数えられている「那智滝」は、ほぼ垂直の岩壁から落差133mの高さを水が流れ落ちる、迫力あふれる名瀑です。一段の滝の落差としては落差日本一を誇り、滝壺近くでは凄まじい量の水飛沫が霧状に舞い散り、神秘的な雰囲気を漂わせています。那智山にはこの滝を含め、数十を越える滝が点在しており、本来「那智滝」は、このうち修行の行場として用いられてきた四十八の滝を総称する名前でした。現在では、この四十八の滝を代表する一の滝が、通称そのままの「那智滝」、あるいは「那智の大滝」という名で呼ばれています。この滝は熊野那智大社の別宮である飛瀧神社のご神体とされており、直接滝を拝むことが参拝行為となっています。毎週土曜日と三連休の日曜日にはライトアップされ、夜闇に浮かび上がる美しい水飛沫が、神宿る荘厳な雰囲気を感じさせます。

見ごろの時期・時間

時期:通年
時間:20:00~
所要時間:30分

天気:
全天候
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 海・湖・川・滝
  • 山・森・野・里
  • 建物・景観
  • 太陽・月星
  • 動物・植物
  • 文化・伝統

見所・お勧めポイント

神の化身として人々の信仰を集める、美しい一筋の名瀑。鬱蒼とした木々が茂る静謐な森の中。世界遺産の山から岩壁を伝ってを流れ落ちる水は、神秘的な雰囲気で訪れた人々に畏敬の念を抱かせます。夜になれば雰囲気は一転し、彩り鮮やかにライトアップされた滝の華やかな姿を見上げることができます。

背景

世界遺産に登録されている熊野三山の一角、熊野那智大社。那智滝はこの熊野那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体とされており、鳥居を潜り抜けた先の境内には本殿も拝殿もないものの、境内から直接、那智滝の迫力あふれる姿を拝むことができます。那智滝をはじめとした四十八の滝は、かつて熊野修験の修行地として大勢の修行者達が修行を行っていたと伝えられています。けれど明治時代の神仏分離令・修験道廃止令によって、滝修行の方法は一度失われてしまいました。現在では青岸渡寺が山中を調査し、この滝修行を復興させています。

注意点

※本サイトに掲載した感動の瞬間(とき)は、天気や自然の条件によりご覧頂けない場合がございます。

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
アクセス方法
■車:JR紀伊勝浦駅より車で約20分
問合せ先
名称:那智勝浦観光協会
電話:0735-52-5311

この「感動の瞬間(とき)」を見に行ける現地宿泊・ツアー情報はこちら!
※宿泊・ツアーが設定されていない場合もございます。

エースJTBおすすめツアー

  • 北海道発
  • 東北発
  • 首都圏発
  • 中部発
  • 北陸発
  • 関西発
  • 中国四国発
  • 九州・沖縄発
出発地
北海道発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】

出発地
東北発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
選べるアクセス!航空機×JRの組み合わせもOK!航空もJRも1名様から利用できます!伊勢志摩エリアの観光に便利な近鉄プランもご用意。広いエリアを網羅する万能型!注目の高野山をピックアップしています!

出発地
首都圏発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
旅の目的に合わせて様々商品をご用意しています。

出発地
中部発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】

出発地
北陸発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
往復の列車と、JTBが厳選したホテル・旅館でのご宿泊がセットになったお得なプラン。もちろんご宿泊のみのお申込も可能です。

出発地
関西発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
【エースJTBの赤パンフレット】お客様アンケートに基づいた厳選したお宿の多彩なプランがそろっています!クエや鮪料理などおすすめのプランが味覚やアドベンチャーワールドの入園がセットになったプランも充実!

出発地
中国四国発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
JRとホテルがセットでお得!エースならではの「旅の過ごし方」をご提案。早めのご予約や連泊がお得。

出発地
九州発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
★お客様のニーズに合わせてお好きな関西の宿泊施設をお選びただけます。1泊でも連泊でも組合せ自由!宿泊プラン・航空機利用は1名、利用は2名よりお申込みいただけます。