富山県 高岡・氷見立山連邦からの太陽が海面に立ち込める気嵐を黄金色に染め上げる朝

概要

海を挟んで3,000m級の山々を仰ぐことができる、世界的にも稀有なスポット。それが能登半島にある富山県の雨晴海岸です。富山屈指の景勝地であるこの海岸線から見える冬の立山連峰は、海越しに眺めることでいっそう雄々しさが際立ちます。また、寒暖差がある冬の朝には、海面を撫でるように霧が湧き上がる「気嵐(けあらし)」という現象を見ることもできます。気嵐は陸上の冷たい空気が海に流れ込むことで発生する自然現象で、気温が上がるにつれて消えていってしまうため、気象条件が揃った朝の、ほんのわずかな時間しか発生しない、幻のような現象です。朝日に輝く気嵐越しの立山連峰と、対照的に黒々としたシルエットを浮かび上がらせる義経岩のコントラストは、ここでしか見ることができません。

見ごろの時期・時間

時期:冬
時間:早朝(寒暖の差がある朝によく見られる)

天気:
晴れ
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 海・湖・川・滝
  • 山・森・野・里
  • 建物・景観
  • 太陽・月星
  • 動物・植物
  • 文化・伝統

見所・お勧めポイント

早朝、黄金にけむる霧の向こう側に見える立山連峰が少しずつ朝日に照らされてゆくさまは、この世のものとは思えない幻想的な雰囲気で人々の心を惹きつけます。波しぶきが散る岩礁と、その上に浮かぶ気嵐と立山連峰が織り成す絶景は、一度見たら忘れられません。

背景

雨晴海岸(あまはらしかいがん)という地名の由来は、義経伝説にあると言われています。鎌倉時代、源頼朝から逃げる源義経一行が奥州を目指して向かう途中でにわか雨に降られてしまい、雨宿りをしたのが、雨晴海岸にある「義経岩」でだと伝えられています。この岩は別名を「雨晴岩(あまはらしいわ)」と呼ばれており、「雨晴海岸」という地名ともども、この時、義経一行が雨宿りをしたことが由来であるとされています。近くには歌舞伎の「勧進帳」のモデルとされている「如意の渡し」もあります。

注意点

※本サイトに掲載した感動の瞬間(とき)は、天気や自然の条件によりご覧頂けない場合がございます。

住所
富山県高岡市太田
アクセス方法
■車:能越自動車道高岡北ICから車で15分
■徒歩:JR氷見線雨晴駅から徒歩5分

この「感動の瞬間(とき)」を見に行ける現地宿泊・ツアー情報はこちら!
※宿泊・ツアーが設定されていない場合もございます。

エースJTBおすすめツアー

  • 北海道発
  • 東北発
  • 首都圏発
  • 中部発
  • 北陸発
  • 関西発
  • 中国四国発
  • 九州・沖縄発
出発地
北海道発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
○厳選したお宿、充実のプランをご用意○旅が変わる!JTBならではの「旅の過ごし方」をご提案

出発地
東北発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
北陸エリア広域観光にはこのパンフレットがおすすめ!厳選したお宿、旅の過ごし方をご提案!観光に便利なタクシーやバスなどのオプショナルプランもご用意しております♪

出発地
首都圏発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
旅の目的に合わせて様々商品をご用意しています。

出発地
中部発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】

出発地
中部発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】

出発地
関西発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】

出発地
中国四国発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
JRとホテルがセットでお得!エースならではの「旅の過ごし方」をご提案。早めのご予約や連泊でお得です。

出発地
九州発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2018年4月1日~9月30日】
★宿泊アンケートで、一定の満足度の評価が得られた、お客様の支持を得ているプランです。北陸の施設を厳選し40施設掲載。感動の瞬間と旅の過ごし方ご提案しお客様の旅の満足を演出します。