富山県 砺波・五箇山・庄川朱色に染まる水田と垣入が作る幻想の世界、砺波平野の散居村

概要

富山県の砺波平野は、散居村の地として知られています。散居村とは家一軒一軒が広大な耕地を挟んで点在している集落形態で、日本では他に十勝平野や出雲平野などでも見ることができます。とりわけ砺波平野の散居村は日本最大級の規模を誇り、平野を覆う田畑のあちらこちらに、垣入と呼ばれる木々に囲まれた家々が散らばる様子は、まるでミニチュアの箱庭を覗いているかのよう。市内の南東にある「となみ夢の平 散居村展望台」からは、この散居村の風景はもちろん、はるか遠く日本海がきらめく様子まで見ることができます。田んぼに水が張られる季節には一面の水田が鏡のように輝き、清々しい初夏の空を映します。さらに夕暮れ時になると、平野いっぱいの水田が夕日によって照らし出され、散らばる家々のシルエットにノスタルジックな気持ちが湧き上がります。

見ごろの時期・時間

時期:5月
時間:夕方
所要時間:30分~1時間

天気:
晴れ
  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬
  • 海・湖・川・滝
  • 山・森・野・里
  • 建物・景観
  • 太陽・月星
  • 動物・植物
  • 文化・伝統

見所・お勧めポイント

日本最大級の散居村を見ることができる、砺波平野。田んぼに水が張られた季節、広大な砺波平野が一面の夕日に照らされる様子は必見です。夕暮れの光を映して真っ赤に染まった水田のあちらこちらに点在する家々のシルエットが黒く浮かび上がり、天地を染め上げる壮大な夕暮れにアクセントを加えています。

背景

広大な田畑のあちらこちらに、家が離れて散らばっている散居村。砺波平野の散居村ではおよそ220平方kmの土地に7000戸が点在しています。さらに家屋を厳しい風雪や暑さから守るため、家の周りにさまざまな種類の木を植えることで垣入と呼ばれる屋敷林を形成し、家を守ってきました。垣入に守られる家々と散居村という集落形態が、砺波平野ののどかで美しい風景を生み出しているのです。

注意点

※本サイトに掲載した感動の瞬間(とき)は、天気や自然の条件によりご覧頂けない場合がございます。

住所
〒939-1428 砺波市五谷160
アクセス方法
■車:
JR城端線砺波駅から車で25分
北陸自動車道砺波ICから車で20分

この「感動の瞬間(とき)」を見に行ける現地宿泊・ツアー情報はこちら!
※宿泊・ツアーが設定されていない場合もございます。

エースJTBおすすめツアー

  • 北海道発
  • 東北発
  • 首都圏発
  • 中部発
  • 北陸発
  • 関西発
  • 中国四国発
  • 九州・沖縄発
出発地
北海道発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
○厳選したお宿、充実のプランをご用意○旅が変わる!新たな「旅の過ごし方」をご提案

出発地
東北発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
北陸エリア広域観光にはこのパンフレットがおすすめ!厳選したお宿、旅の過ごし方をご提案!観光に便利なタクシーやバスなどのオプショナルプランもご用意しております♪

出発地
首都圏発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン/同行プラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
お宿や往復の交通手段が自由に選べる「個人型フリープラン」と、「安心・おもてなし・快適」の添乗員同行の旅をご用意しました。

出発地
中部発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
5つのお約束で「いつもの旅」を「もっといい旅に」。お宿や往復のJRが自由に選べる「個人型フリープラン」です。
車でお出かけなら!お得な「エースETC割引」対象施設もあります!

出発地
中部発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~3月31日】
内容充実で大満足!大好評のびっくり価格!

出発地
関西発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~3月31日】

出発地
中国四国発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
JRとホテルがセットでお得!エースならではの「旅の過ごし方」をご提案。早めのご予約や連泊がお得。

出発地
九州発
テーマ
個人旅行(添乗員なしプラン)
プラン
【2017年10月1日~5月31日】
☆宿泊アンケートで、一定の満足度の評価が得られた、お客様の支持を得ているプランです。北陸の施設を厳選し39施設掲載。感動の瞬間と旅の過ごし方ご提案しお客様の旅の満足を演出します。